SL-GMS アプレット・デモ: ネットワーク管理

対話的なネットワーク管理デモ



このネットワーク管理アプリケーション(アプレットとして表示しています)のデモは、SL-GMS J/Developer とネットワーク・マッピング拡張製品である SL-GMS J/Net を使用して構築されています。 このアプレットは高度にコンパクトで移植性に優れ、非常に良いパフォーマンスを実現しています -- 正しく表示するには Internet Explorer 11 または FireFox 40 以上が必要です。

  • 上部にあるボタンで地図の操作やネットワーク要素を編集をします。
  • ショートカットのポップアップ・メニューを操作するには、マウスの右ボタンで選択してください。
  • ネットワーク要素をダブルクリックして、詳細のビューにドリルダウンしてください。
  • さらに説明が下にあります。



説明:

上のアプレットは、アメリカの地図上に表示されたネットワークダイアグラムを表しています。

ネットワーク要素をダブルクリックして、更に詳細なビューへドリルダウンしてください。

上部にあるボタンからオプションを選択し、地図をクリックして操作を完了してください:

  • ネットワーク要素を追加するには、 'NE1' や 'NE2' 、 'Group' を選択し、地図上の任意の地点をクリックします。
  • オブジェクトを 'Move'(移動)や 'Delete'(削除)するには、ボタンを選択し削除するオブジェクトをクリックしたり、動かすオブジェクトをマウスの左ボタンを押下したままドラッグします。
  • 'Connect'(接続)や 'Disconnect'(切断)するにはボタンを押し、希望するオブジェクトをそれぞれクリックします。
  • ネットワーク要素のプロパティの表示や修正をするには、地図からオブジェクトを選択し、'Options' ボタンをクリックしてダイアログボックスを表示します。

地図上のさまざまな地点をズーム/パンできます: 右クリックしてから 'Zoom'を選択し、 地図上の領域をクリックしてください。 シフトキーを押したままクリックするとズームアウトします。 右クリックしてから 'Pan'を選択し、マウスの左ボタンを押下したまま地図をドラッグしてください。 (注意: 可視性が100%ではパンできません) 。
開発ノート:

このアプレットは ~286K で、これには地図、ノードとコネクタ、そしてすべての対話的振る舞いが含まれています。

ノードとコネクタ、背景地図はXMLファイルからプログラム的にインスタンスされています。

このサンプルは、さらに完全なネットワーク管理アプリケーションを開発するために、容易に拡張することが可能です。






印刷可能ページへ