SL-GMS アプレット・デモ: プロセス制御

対話的なプロセス制御デモ



このプロセス制御アプリケーションのデモ(アプレットとして表示しています)は、SL-GMS J/Developer を使用して構築されています。 このアプレットは高度にコンパクトで移植性に優れ、非常に良いパフォーマンスを実現しています -- 正しく表示するには Internet Explorer 11 または FireFox 40 以上が必要です。

  • 「自動切替」機能は、自動的にモデルを順番に表示します。
  • 左のパネルには選択されたオブジェクトの詳細情報が表示されます。


さらに説明が下にあります。


説明:

上のアプレットは、いくつかのプロセス制御のモデルを表しています。

個別のモデルを表示するには、それぞれに対応したボタンを押します。「自動切替」チェックボックスを選択すると、自動的に順番にモデルを表示します。

「補助タンク」画面の中で、タンクの容量表示と温度計のどちらかを右クリックして、グラフと表示盤の両方を選択してください。表示盤の 「sp+」 や 「sp-」 ボタンをクリックして、温度とタンク容量表示の設定値を変更してください。 グラフ中で、選択した設定に続いて、実際の温度やタンク容量表示が変化するのをご覧ください。また、温度設定値が変化したときに、タンクの下部にある炎のレベルがどのように調節されるかに注目してください。
開発ノート: このアプレットは ~345Kバイト しかありません。これにはすべてのモデル、すべての対話的操作の動的振る舞いが含まれています。
このサンプルは、さらに完全なプロセス制御アプリケーションを開発するために、容易に拡張することが可能です。

印刷可能ページへ