プレス・リリース

アジレント・テクノロジーが SL のソフトウェアを使い、
サービス・プロバイダのユーザ向けに、強力な Web 化対応の NETeXPERT GUI を開発




現地時間 2004 年 9 月 1 日 TeleManagement World, Asia-Pacific @東京発

リアルタイム情報の監視と表示のソフトウェア・ソリューションでリードするSL コーポレーションとアジレント・テクノロジーズ・インクは、アジレントがSL 社のソフトウェアを使い、アジレントの NETeXPERT ネットワーク管理システムの強力な Web 化対応 GUI を開発する契約をしたことを、本日、発表しました。この容易に使用できる GUI により、今までネットワーク管理・監視上必要とされていた技術的知識がないユーザ(関連ビジネス部門や社外パートナーなど)でも NETeXPERT が使用できるようになります。

NETeXPERT のこの新しい GUI は、サービス・プロバイダがビジネス上クリティカルな情報をリアルタイムに可視化することを実現し、サービス・プロバイダの生産性向上を支援するものです。アジレントの NETeXPERTベースのオペレーション・サポート・システム (OSS) によって、無線、有線ならびに IP ネットワークのサービス・プロバイダは、より迅速なサービスの提供と、より高品質なサービス保証を実現できます。

この強力でユーザ・フレンドリな GUI は、NETeXPERT が提供するネットワーク、サービスならびに顧客に関する情報を、ネットワーク/サービス・オペレーション・センター外に展開し、サービス・プロバイダの関連ビジネス部門(たとえば、経営陣やマーケティング、財務)が、さらには顧客までがアクセスすることを可能にします。この情報は、高品質サービスの提供、オペレーション・コストの削減、ならびに顧客ロイヤルティ(顧客との信頼関係)の維持において、大変重要です。

アジレントは、新しい NETeXPERT GUI を同社の OSS 顧客ベースに販売します。同社では、SL 社の SL-GMS Enterprise RTView 画面表示アプリケーションを Agilent NETeXPERT データ・サーバに拡張し、NETeXPERT 顧客に Web 化対応の GUI を提供します。さらに、NETeXPERT Visual Agent ユーザは、Visual Agent モデルを容易に対話的な Web 画面へ変換し、既存の NETeXPERT 投資資産を活用することができます。SL 社は、同社の SL-GMS 画面表示技術を NETeXPERT 製品ラインに 10 年以上に渡って提供してきました。今回拡張されたライセンス契約によって、NETeXPERT ユーザは、ブラウザで表示できる Web 化対応画面へ簡単に移行することが可能になりました。

「今日のビジネス環境においては、サービス・プロバイダはますますレベルの高いサポートを、最も高い費用対効果がある方法で、顧客に提供しなくてはならない」と、SL 社のシニア副社長である Ted Wilson は語りました。「SL のソフトウェア・ソリューションを使ったアジレントのアプローチは、サービス・プロバイダが、これまでアクセスできなかったビジネス上の不可欠な情報を関連部門に提供できるようになることによって、サービス・プロバイダにおけるシステムの効果を一層高めるものである」と追加した。

新しい NETeXPERT GUI は、Agilent Service Manager ソリューションとも互換性があり、プログラミングすることなく複数のデータソースで構成できる強力な Web 化対応ダッシュボード・ソリューションを提供します。



アジレント・テクノロジーについて


アジレント・テクノロジー(NYSE:A)は、コミュニケーション、エレクトロニクス、ライフサイエンス、化学分析市場におけるグローバル・テクノロジー・リーダーです。28,000 名の従業員を擁し、110カ 国以上でビジネスを展開しているアジレント・テクノロジーは、2003 年度、61 億ドルの売上高を達成しました。

アジレント・テクノロジーの情報は、以下のウェブサイトでご覧下さい。
http://www.agilent.co.jp/



SL (Sherrill-Lubinski)コーポレーションについて   http://www.sl-j.co.jp 


1983 年以来、20 年以上にわたって、リアルタイム・データのダイナミックでグラフィックな可視化による監視で、業界をリードしてきた専門メーカーです。顧客企業は SL 社の技術を活用し、強力なリアルタイム・ビジネス・インテリジェンス (BI) インフラストラクチャ/アプリケーション監視の機能、ネットワーク管理やプロセス制御などの業界特有の監視制御アプリケーションを、エンドユーザに提供しています。製造業、エネルギー/公益、金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界のミッション・クリティカルなアプリケーションで、75,000 以上(2005 年末現在)がライセンスされています。株式会社 SL ジャパンは、1998 年に設立された SL 社の日本法人です。



###



記載される会社名ならびに製品、商標は、それぞれ各社が所有権を有します。




ニュースのページへ戻る


2013年3月6日開催 RTView_Web セミナ

Application Performance 2012

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

The Microsoft Conference 2011

SL-GMS セミナ


SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


360°APM ベスト・プラクティス

水晶玉を粉砕 − Intuit 社がアプリケーション性能管理と容量計画で TIBCO 監視を拡張

360 APM − 次世代のアプリケーション性能管理

ebzQ イベント処理パネル・ディスカッション

SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.