プレス・リリース

Compusource社、金属産業サービス向けと運送・倉庫産業向けの
ソリューションの機能強化で、SL社の旗艦ダッシュボード製品を採用



2006年 3月 22日 米国カリフォルニア州コルテ・マデラ市発

サービス管理、メタル・サービス・センター、運送・倉庫産業向けのビジネス・ソフトウェア・ソリューションの提供でリードする Compusource Corporation (以下、Compusource 社) と、リアルタイム・オペレーション・ダッシュボードの提供でリードする SL Corporation (以下、SL 社) は、両社間で新たな OEM 契約を締結したことを、本日発表しました。今回の契約に基づき、Compusource 社は、SL 社の Enterprise RTView を同社のMCMS と VanS それぞれのラインアップ製品のダッシュボード・ソリューションとして位置付けることになります。

Compusource 社の MCMS ( Metal Center Management System − メタル・センター管理システム) は、金属・鉄鋼・パイプ産業におけるサービス・センター産業特有の要求を満たすために設計された製品です。このソフトウェア・プログラムの強力なネットワークは、顧客サービス、受発注業務、在庫管理をはじめとする一連の高性能で使いやすいソリューションを、企業が導入しやすい価格で提供しています。MCMS は、導入企業が顧客と供給者両方との強力な関係を築くことを目的に、その企業におけるビジネス・パートナーシップの品質情報を作成するための業界特有のツールです。

また、完全に統合されたアプリケーション・スイートで構成されている Compusource 社の VanS ソリューションは、運送・倉庫会社におけるビジネス管理を、すべての領域で支援します。顧客からの問い合わせから運送後のフォローまで、VanS は運送産業における首位ソフトウェア製品です。

「我々は、Compusource 社の既存ソリューション・スイートを大幅に機能強化するべく視覚化ソリューションの開発で、同社に密接な開発支援を行ってきた」と、SL 社の COO (最高業務執行責任者)である Brian King は述べました。「このパートナーシップは、共通的なビジネス問題の解決におけるニッチ企業二社による協調の重要さを実証するものだ。今後数ヶ月後から何年にも渡って、Compusource 社の顧客ベースにもたらすビジネス戦略上の価値がそれぞれの事業成果へとつながっていくことに、エキサイトしている」と、加えました。 

「我々は、顧客にダッシュボード機能を提供することによって、市場での優位的な競争力の維持を支援するツールの提供で、引き続き顧客に対してコミットしていることを示すことができた」と、Compusource 社の MCMS製品ラインのセールス・マネージャである Brian David 氏は語りました。「何社かのダッシュボード・ソリューション・プロバイダを評価した後、SL 社こそが、低価格かつ最小限のリスクでこの機能強化を実現したかったCompusource 社の要求に応えられるソフトウェア・ソリューションとパートナーシップへのコミットメントの両方を提供できる、と確信した」と、 同氏は加えました。

Compusource 社の MCMS について
www.compusource.com/MCMS/

Compusource 社の VanS について
www.compusource.com/VANS/

SL社のEnterprise RTViewについて
http://www.sl-j.co.jp/ertv_ad.html



Compurource 社について  www.compusource.com


1971年に設立された Compusource Corporation は、同社がサービスを提供する市場におけるアプリケーション・ソフトウェア、コンピュータ機器、トレーニングとサポートの開発・販売でリードする企業に成長しました。同社は、顧客企業との長期的かつ相互に利益のある関係を重視したプロフェッショナル・パートナーシップによって、成功してきました。カリフォルニア州ラ・パルマ市に本社があり、東部支社がジョージア州ノークロス市に、またサンフランシスコ・ベイ・エリアにも支社があります。Compusoruce 社では、全米における顧客に迅速で高度なサポートを提供するプロフェッショナルな社員で構成されています。

SL (Sherrill-Lubinski)コーポレーションについて  http://www.sl-j.co.jp 


1983 年以来、20 年以上にわたって、リアルタイム・データのダイナミックでグラフィックな可視化による監視で、業界をリードしてきた専門メーカーです。顧客企業は SL 社の技術を活用し、強力なリアルタイム・ビジネス・インテリジェンス (BI) インフラストラクチャ/アプリケーション監視の機能、ネットワーク管理やプロセス制御などの業界特有の監視制御アプリケーションを、エンドユーザに提供しています。製造業、エネルギー/公益、金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界のミッション・クリティカルなアプリケーションで、75,000 以上(2005 年末現在)がライセンスされています。株式会社 SL ジャパンは、1998 年に設立された SL 社の日本法人です。


###



記載される会社名ならびに製品、商標は、それぞれ各社が所有権を有します。




ニュースのページへ戻る


2013年3月6日開催 RTView_Web セミナ

Application Performance 2012

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

The Microsoft Conference 2011

SL-GMS セミナ


SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


360°APM ベスト・プラクティス

水晶玉を粉砕 − Intuit 社がアプリケーション性能管理と容量計画で TIBCO 監視を拡張

360 APM − 次世代のアプリケーション性能管理

ebzQ イベント処理パネル・ディスカッション

SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.