プレス・リリース

Progress Software 社、リアルタイム・ダッシュボードの提供で SL 社を選択


Progress 社の Apama Dashboard Studio(TM) が SL 社の Enterprise RTView を活用し、
迅速にかつ簡単に作成して運用できるカスタム・ダッシュボード機能をユーザに提供

2007年1月10日 カリフォルニア州 コルテ・マデラ市発

ミッション・クリティカルな情報のリアルタイムでダイナミックな可視化と監視による意思決定の支援で業界をリードする SL 社は、Progress Software 社が同社の Apama Event Processing Platform(TM) に SL 社の Enterprise RTView を採用し、カスタマイズ可能なリアルタイム BAM (ビジネス・アクティビティ・モニタリング)ダッシュボードとして組み込んだことを、本日発表しました。

Progress Software 社の Apama は、イベント・ストリームを監視し、重要なイベント・パターンを発見して分析、これらのイベントに対応したアクションをミリ秒単位で実行するプラットフォーム製品で、イベント・ストリーム・プロセッシング (ESP) 業界をリードしています。そして同社の Apama Dashboard Studio(TM) では、ビジュアル・リッチなユーザ・インタフェースの作成によって、顧客企業における戦略の監視、評価、変更を支援するカスタム・ダッシュボード機能を提供しています。

「コンテンツリッチでグラフィカルなダッシュボードは、業界をリードする我々のイベント・プロセッシング・プラットフォームにおける重要な機能の一つである」と、Progress Software 社のイベント・プロセッシング担当副社長であるMark Palmer 氏は語りました。そして、「我々の顧客はミッション・クリティカルなアプリケーションにおける最も厳しい要求に対応できるフル機能を持ったダッシュボード技術を必要としている。 Apama と、SL 社の技術が主体となっている Apama Dashboard Studio は、世界のトップ層金融機関の半数が使用している」と加えました。

他のダッシュボード・ソリューションの中から Enterprise RTView を選択することにより、Progress Software 社は強力でフル機能を持った独自ブランドの監視ソリューションを、計画していたスケジュールを繰り上げて市場投入することができました。また同社では、Apama ソリューションの機能をデモンストレーションするためのセールス・ツールとしても、Enterprise RTView を活用しています。Apama プラットフォームのリアルタイムな監視機能と柔軟さを見込み客にダッシュボードを使って実演することによって、Apama 製品に興味を持つ企業は、ソリューションが提供できる機能と利点をより鮮明に把握することができます。



SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について    www.sl-j.co.jp


1983 年以来、20 年以上にわたって、リアルタイム・データのダイナミックでグラフィックな可視化による意思決定の支援で業界をリードしてきた、専門メーカーです。顧客企業は SL 社の技術を活用し、強力なリアルタイム・ビジネス・インテリジェンス(BI)インフラストラクチャ/アプリケーション監視の機能、ネットワーク管理やプロセス制御などの業界特有の監視制御アプリケーションを、エンドユーザに提供しています。製造業、エネルギー/公益、金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界のミッション・クリティカルなアプリケーションで、75,000 以上 (2005 年末現在)がライセンスされています。

株式会社 SL ジャパンは、1998 年に設立された SL 社の日本法人です。



Progress Software社について   www.progress.com


Progress Software Corporation (Nasdaq: PRGS) は、ビジネス・アプリケーションの開発・運用・統合・管理向けのアプリケーション・インフラストラクチャ・ソフトウェアを提供しています。同社は、情報技術の利点を最大化しつつ、その煩雑さと総所有コスト (TCO) を最小化することを目標としています。

日本国内では、Progress Software 社の日本法人である日本プログレス株式会社が、Apama ならびに Apama Dashboard Studio を販売しています。
www.progress-japan.co.jp


###



OSIsoft and the OSIsoft logo are trademarks of OSIsoft, Inc.

」 SL, SL-GMS, Enterprise RTView and SL Corporation are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski Corporation in the United States and other countries.


記載される会社名ならびに製品、商標は、それぞれ各社が所有権を有します。




ニュースのページへ戻る


2013年3月6日開催 RTView_Web セミナ

Application Performance 2012

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

The Microsoft Conference 2011

SL-GMS セミナ


SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


360°APM ベスト・プラクティス

水晶玉を粉砕 − Intuit 社がアプリケーション性能管理と容量計画で TIBCO 監視を拡張

360 APM − 次世代のアプリケーション性能管理

ebzQ イベント処理パネル・ディスカッション

SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.