プレス・リリース

アイテック阪急阪神が Web ベースのビル設備管理システム「OCTBAS-i」に、
米 SL 社のリアルタイム Java GUI を採用


米 SL 社のカスタム・エディタ技術を駆使し、システム専用のビルダーも提供


2007年8月28日 東京発

リアルタイム監視制御システムのダイナミック GUI とエディタ技術で業界をリードする株式会社 SL ジャパン(米国本社: SL Corporation,SL ジャパン所在地: 東京都港区、代表取締役社長 羽島良重)は、システム・インテグレーションで業界をリードするアイテック阪急阪神株式会社が、その新しい Web ベースのビル設備管理システムに、SL-GMS J/Developer ならびに SL-GMS Custom Editor 製品を組み込み採用したことを、本日発表しました。

これまで、アイテック阪急阪神ではオープン系の最新技術を取り込み、エレベータ、エスカレータや防犯設備などのさまざまなビルや駅設備の監視制御を行なうビル管理システムの設計開発の数々を手掛けて来ました。そのノウハウとテクノロジーを結集した、同社の総合ビル管理システム「OCTBAS-i (Open Control Technology / Building Automation System)」は、電力・空調などの設備を Web 画面を利用して監視制御したり、遠隔からのリモート監視や、機器異常発生時にメール送信により外部へ連絡するなど、従来の管理者のみのビル管理システムから、オープンな設備機器監視システムへと変革しています。

この OCTBAS-i の中枢となる「BA (Building Automation) システム」は、米ビル・システム業界の標準技術となった LonWorks (米エシェロン社開発) 知的分散制御ネットワーク技術やアイテック阪急阪神社製の自立分散型コントローラによる中央監視システムをコアに、設備の運転・故障・警報監視や運転制御、実績データの収集を行ない、エネルギー管理や LCD 照明・空調の制御、課金管理など他の OCTBAS-i 構成システムと連携します。そして、今回一新されたその Web ベースのグラフィック監視画面に、SL 社の比類なくコンパクトで高速な SL-GMS J/Developer が採用されています。SL-GMS J/Developer は、コンテンツリッチでシンクライアントな Java のリアルタイム・ダイナミック GUI を容易に構築するための開発ツールで、世界の監視制御システムの数々で使用されています。

設備管理システムの Web 監視画面は、スケジュール設定、トレンド測定履歴、受変電系統制御、警報監視、遠隔操作など、多数画面で構成されており、中央監視システムで収集されたデータ駆動で、SL-GMS J/Developer によって高速に表示されます。SL-GMS J/Developer では、さまざまな動的属性を持ったグラフィック・オブジェクトを SL-GMSDraw エディタで対話的に作成し、その動的振る舞いをすぐにプレビューして確認できるため、多種多様の監視制御画面を迅速に開発することができます。さらに、現場でプログラミングすることなく、これらの監視画面を容易に変更し、保守費用を最小限にできる、システム専用のオーサリング環境が、SL-GMS Custom Editor で構築されています。SL-GMS Custom Editor は、オブジェクト・パレットやデータとの接続など、アプリケーション固有のビルダーとして作り込むことが可能で、その開発工数を、数人年から数人月に削減します。

「高性能な Web 監視画面を迅速に開発できるばかりではなく、OCTBAS-i システム固有のカスタム・エディタを容易に開発できたことより、プログラミング知識がない現場でも、容易にグラフィック監視画面を変更できる。これにより、現場の画面保守にかかる費用を削減し、そのときおりの顧客要求にタイムリーに対応できることが、今回の SL-GMS を選択する上での重要な点となった」と、アイテック阪急阪神のエンジニアリングソリューション部の青山浩昭課長は述べました。

「SL 社の比類なくコンパクトで高速なリアルタイム GUI 技術とそのエディタ技術は、国内でも 1991 年来、数々の監視制御システムや製品に組み込まれてきた。アイテック阪急阪神のビル設備管理システムはオープンな最新技術を駆使し、機能性・拡張性・運用性の向上とライフサイクル・コストの低減を実現し、都市ビルの新しい価値を創造している。また新しい業界主要製品の市場投入の早期実現に貢献できた」と、SL ジャパンの代表取締役社長である羽島良重は述べました。



※リリース後の 2007 年 10 月に、アイテック阪神株式会社よりアイテック阪急阪神株式会社に変更となりました。

アイテック阪急阪神について    http://itec.hankyu-hanshin.co.jp/


アイテック阪急阪神株式会社は、顧客満足の実現を目指し、ビル関連事業の他、インターネット事業、アウトソーシング事業、医療システム事業、ソリューション・システム開発事業、技術サービス事業、機器販売事業による有機的かつ効果的なシステム・インテグレーションで業界をリードし、IT 社会の急速な進展をトップ技術で支えています。インターネット事業では、CATV インターネット接続サービスや阪神タイガース公認の全国向け ADSL インターネット接続サービス「Tigers-net.com」を提供しています。またビル関連事業では、ビルや駅施設などのエレベータ、エスカレータの設計支援と販売で、バリアフリー社会実現への一翼を担い、活躍しています。



SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について    www.sl-j.co.jp


1983 年以来、20 年以上にわたって、リアルタイム・データの監視とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、専門メーカーです。顧客企業は SL 社の技術を活用し、強力なリアルタイム・ビジネス・インテリジェンス (BI)、インフラストラクチャ/アプリケーション監視の機能、プロセス制御やネットワーク管理などの業界特有の監視制御アプリケーションを、エンドユーザに提供しています。製造業、エネルギー/公益、金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界のミッション・クリティカルなアプリケーションで、81,000 以上(2006 年末現在)がライセンスされています。

株式会社 SL ジャパンは、1998 年に設立された SL 社の日本法人です。


###



記載される会社名ならびに製品、商標は、それぞれ各社が所有権を有します。




ニュースのページへ戻る


2013年3月6日開催 RTView_Web セミナ

Application Performance 2012

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

The Microsoft Conference 2011

SL-GMS セミナ


SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


360°APM ベスト・プラクティス

水晶玉を粉砕 − Intuit 社がアプリケーション性能管理と容量計画で TIBCO 監視を拡張

360 APM − 次世代のアプリケーション性能管理

ebzQ イベント処理パネル・ディスカッション

SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.