プレス・リリース

HeroEngine が、次世代技術を統合


最高峰の MMO ゲーム開発プラットフォームが、StreamBase 社の CEP(複合イベント処理)
機能と、 SL 社のリアルタイム監視・解析・可視化プラットフォームを統合


2007年9月6日 オースティン・ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス @米テキサス州オースティン市発

今日まで、MMO(大規模多人数オンライン)ゲーム開発における最も大きなチャレンジは、ゲームプレイを改善するために大量なプレイヤー・アクションを処理して解析することでした。世界をリードする投資銀行、政府機関、e-ビジネスが使用している技術が、Simutronics Corporation (以下、Simutronics 社)のHeroEngine を使っている MMO ゲーム開発者に、本日より利用可能になりました。

Simutronic 社は、本日2社の新しい戦略パートナーを発表しました。高性能な複合イベント処理(CEP)の提供でリードしている StreamBase Systems(以下、StreamBase 社)と、リアルタイムな監視・解析・可視化ソリューションの提供でリードしている SL Corporation (以下、SL 社)です。両者が提供している技術は、世界で最先端の MMO ゲーム構築プラットフォームである HeroEngine の新しいオプション機能として、統合されました。

HeroEngine のユーザは、受賞製品である StreamBase が持つ、リアルタイム・データのクエリ、解析、関連付けで広範な問題を解決する機能を追加し、SL 社の強力な可視化プラットフォームである Enterprise RTView によって、対応アクション可能で有益なリアルタイム情報として表示可能な理解し易いダッシュボードを、簡単に作成することができます。この可視化により、HeroEngine を使用している開発者は、迅速にゲームプレイを改善し、ゲームプレイの漸減を少なくし、ゲームの人気を高めることができます。

Simutronics 社の CEO で HeroEngine の設計者である David Whatley 氏は、「我々は、すでにロード・バランシング、ゲーム・メカニックスの解析、市場指標の評価で、StreamBase 社の CEP プラットフォームとSL社の Enterprise RTView を活用している。また、不当な使用を防ぐためのプレイヤー監視ツールも構築している。HeroEngine は、MMO ゲームへのリアルタイムなチャレンジと拡張の実装を目的に、一から設計されたものだ。今回の世界トップ・レベルの技術は、HeroEngine に完全に適合するものだ」と、述べました。

また、StreamBase 社の産業ソリューション担当副社長で共同創立者である John Partridge 氏は、「StreamBase が、次世代の MMO タイトル構築におけるゲーム改革の技術宝庫である主要部に組み込まれ、Simutronics 社とチームを組めることに大変エキサイトしている。StreamBase 社のプラットフォームをHeroEngine に統合することによって、ゲーム開発者はアプリケーションの構築と反復適用を、従来かかっていた工数のわずかで可能になる。実際、開発者がいかに速やかにゲーム経験を継続的に取り込めるかが、ゲームの人気たき付けに大変重要である」と述べました。

SL 社の創立者で CEO である Tom Lubinski 氏は、「MMO のリアルタイム性は究極だ。これらゲームのパフォーマンスとプレイヤーの行動へのリアルタイムな可視性がなければ、とうてい開発者は迅速に拡張を施すことができない。Simuronics 社はゲーム展開の先に立ち、市場でリードするリアルタイムな監視、解析、可視化プラットフォームである Enterprise RTView をゲーム開発者に提供し、ハイペースで継続的なゲーム・サイクルに維持できるようにしたものである」と、追加しました。

Simutronics 社は、この新しい機能を今週開催されているオースティン・デベロッパーズ・カンファレンスのブース番号608で、実演しています。また StreamBase 社は、同展示会のブース番号229で、今回のテクノロジー・アライアンスについての問い合わせに対応しています。



Simutronics社について:  


Simutronics Corp. は、数十億ドル(数千億円)のグローバルな MMO (Massively Multiplayer Online - 大規模多人数オンライン)ゲーム市場において、高度なテクノロジー・プラットフォームの開発でリードしています。同社の HeroEngine プラットフォームは、効率的で創造的なパイプ役と完全なツールセットを統合したターンキー・ソリューションを MMO 開発者に提供し、数人年の市場投入時間を削減するものです。HeroEngine については www.heroengine.com で、企業情報についてはwww.play.net/corporate で参照できます。Simutronics 社は、ミズーリ州ゲイザースバーグ市、メリーランド州セントチャールズ市にオフィスがあります。



StreamBase 社について:  www.streambase.com


StreamBase Systems, Inc. は、高性能な複合イベント処理(CEP)のリーダーで、リアルタイムなストリーミング・データ処理と、ミリ秒単位が左右する重大な意思決定を可能にするシステムを、迅速に構築できるソフトウェアです。StreamBase 社の Event Processing Platform は、業界唯一のグラフィカルなイベント・フロー開発環境と、待ち時間が低く、スループットが高い実行サーバ、最も広範な企業内リアルタイム・データならびに履歴データへの接続を、組み合わせたものです。世界をリードする投資銀行、政府機関、e-ビジネス、オンライン・ゲーム企業、通信ネットワーク・プロバイダーが StreamBase を採用し、増収増益、コストとリスクの削減を担うミッション・クリティカルなアプリケーションを強化しています。



SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について  www.sl.co.jp


SL Corporation は、24 年以上を経て、リアルタイムな監視、解析、可視化ソリューションの提供で、最も専門的で機敏な対応力を確立するに至っています。SL 社は、有意義でリアルタイムなオペレーション可視化ソリューションをユーザに提供し、高価な代償となり得る問題に発展する前に対応するべき課題を監視し、対応できることを実現します。SL社の可視化ソリューション技術と専門性、コミットメントと顧客実績、パートナー重視のビジネス・カルチャーが、世界の業界でリードする数千におよぶ最もクリティカルなアプリケーションとビジネスの支援で SL 社が選択されてきた理由です。


###



記載される会社名ならびに製品、商標は、それぞれ各社が所有権を有します。




ニュースのページへ戻る


2013年3月6日開催 RTView_Web セミナ

Application Performance 2012

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

The Microsoft Conference 2011

SL-GMS セミナ


SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


360°APM ベスト・プラクティス

水晶玉を粉砕 − Intuit 社がアプリケーション性能管理と容量計画で TIBCO 監視を拡張

360 APM − 次世代のアプリケーション性能管理

ebzQ イベント処理パネル・ディスカッション

SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.