プレス・リリース

SL 社、TIBCO® ActiveMatrix® BusinessWorks™ の運用監視ツールを
アップグレード


最新版の RTView® for APM | BW Monitor™ で性能強化、カスタム・フィルターなどを追加

米国時間 2010 年 3 月 10 日 ― 米国コルテ・マデラ市発

リアルタイム・データの可視化・分析・監視ソフトウェアの提供でリードする SL Corporation® (以下、SL 社) は、RTView® for APM | BW Monitor™ の新バージョン 5.6 を一般リリースしたことを、本日発表しました。この最新版では、数百の TIBCO® ActiveMatrix® BusinessWorks™ エンジンをユーザが簡単にスケーリングできるようにパフォーマンスを拡張した他、特定のサービスやアプリケーションまたはドメインに関連したデータのみを閲覧するためのユーザ定義のフィルターを追加し、また UNIX プラットフォームのサポートを強化しました。

BW Monitor はアウト・オブ・ザ・ボックスですぐに使える運用監視と管理ツールで、BusinessWorks ユーザは BW 実装のトラブルシューティングと最適化にかかる時間とコストの両方を削減できます。ユーザは、BW サーバならびにエンジンに関連した問題の早期な警告を得ることができ、深い分析によって問題を診断して解決できます。

BW Monitor の最新版では、大規模な BusinessWorks 運用におけるプロセスの起動とデータ取得のスピードアップを実現した結果、全体の監視ソリューションのパフォーマンスが改善されました。

また、ユーザが構成可能な名前付きフィルタリング機能が新たに加わり、ユーザは BW のサーバ、エンジン、プロセス、アクティビティを選別するカスタム・フィルターを定義できるため、特定のサービスやアプリケーションまたはドメインに関連したデータを選別し、サマリー画面に表示することが可能です。 その他、BW Monitor は HP-UX, Solaris, Linux サーバで稼働する BW エンジンのサポートを強化し、UNIX ベースのデスクトップ環境における BW Monitor ビューワー運用のサポートも追加しました。
BW Monitor は、下記によって、迅速なトラブルシューティングと問題解決を実現します:
  • 問題の早期警告
  • 複数の BW エンジン、サーバ、プロセス、アクティビティ全体におけるリアルタイムなパフォーマンス情報の比較
  • 深い分析レベルへすぐにアクセス可能

また、データの履歴トレンド情報をトラッキングできるため、BW 実装における効率的なプロビジョニング、容量計画、全体の最適化を実現します。

さらに、SL 社の BW Monitor ツールは、より広範なアプリケーション性能管理 (APM) ソリューションに容易に拡張でき、TIBCO をはじめ、その他のパッケージ・アプリケーションやカスタム・アプリケーションを含めたアプリケーション・インフラ全体のパフォーマンス改善を支援します。

RTView for APM | BW の詳細については、http://www.sl.com/products/rtviewforapm_bwmonigtor.shtml 製品ページへ、また http://www.sl-j.co.jp/demovideo/ertv/BWApp/BWApp.html には、デモ録画ビデオがあります。



SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について    www.sl-j.co.jp
1983 年以来、25 年以上にわたって、リアルタイム・データの監視とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、専門メーカーです。SL 社の RTView は、ビジネス・アクティビティ監視 (BAM)、ビジネス・サービス管理 (BSM)、アプリケーション性能管理 (APM)、インフラ監視に至る、広範な企業可視化で活用されています。さらに RTView は、イベント駆動型 SOA 市場における、Progress Apama などの複合イベント処理 (CEP) エンジン、TIBCO などのメッセージング・ミドルウェア、Oracle Coherenceデータ・グリッド、金融サービスやプロセス製造業などのバーチカルなカスタム・ソリューションの可視化で使用されているデファクト・スタンダードです。SL 社の可視化ソリューション技術と専門性、コミットメントと顧客実績、パートナー重視のビジネス・カルチャーが、世界の業界でリードする何千にもおよぶ最もクリティカルなアプリケーションとビジネスの支援で SL 社が選択されてきた理由です。製造業、エネルギー/公益、金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界のミッション・クリティカルなアプリケーションで、98,000 以上 (2009 年末現在)がライセンスされています。株式会社SLジャパンは 1998 年に設立された、SL 社の日本法人です。


###




記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。





ニュースのページへ戻る


2013年3月6日開催 RTView_Web セミナ

Application Performance 2012

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

The Microsoft Conference 2011

SL-GMS セミナ


SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


360°APM ベスト・プラクティス

水晶玉を粉砕 − Intuit 社がアプリケーション性能管理と容量計画で TIBCO 監視を拡張

360 APM − 次世代のアプリケーション性能管理

ebzQ イベント処理パネル・ディスカッション

SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.