SL 社、RTView の新バージョン 5.9 でアプリケーション性能監視 (APM) 機能などを強化

日本時間 2011 年 8月 19 日
株式会社 SL ジャパン(東京都港区、代表取締役社長 羽島良重)は、リアルタイム・データの可視化と監視ソフトウェアの提供でリードする米国SL Corporation® (以下、SL 社) が、アプリケーション性能監視 (APM) ソリューション構築ツールとしての利用が増えている RTView の最新バージョン 5.9 をリリースしたことを発表しました。最新バージョンでは、既存のインフラ/アプリケーション監視ツールとの統合を簡素化し、また Web で運用する RTView アプリケーションの性能を強化しています。

「SL 社の RTView が、アプリケーション性能管理 (APM) 分野で勢力を伸ばしているのは、既存のシステムを入れ替えるソリューションではないからである」と、SL 社の設立者でプレジデント&CEO であるトム・ルビンスキはコメントしました。「今回の RTView 新バージョンは、最も堅牢で高性能なAPM機能を提供しながらも、関連のアプリケーション・サポート部門が引き続き使い慣れた監視ツールを利用できるように強化している」と、追加しました。

主な拡張機能は次のとおりです:

  • PipeDS ― ログ・ファイルへのアクセスをはじめ、さまざまな監視機能をリアルタイムに実行できます。
  • セルフ・サービス・アラート ― アラートのルールを実行時に変更できます。
  • SNMP ― インフラ評価指標ならびに監視ツールと簡単に統合できます。

既存の RTView ユーザには、次の利点があります:

  • ディスプレイ・シェアリング ― Webで運用するRTViewアプリケーションの性能を飛躍的に向上できます。
  • 上位互換性 ― 複数の RTView リリース・バージョンによる段階的な運用が可能です。

また、古い RTView バージョンで構築した RTView サーバは、アップグレードしたRTViewサーバと通信可能です。


SL (Sherrill-Lubinski Corporation) 社について    www.sl-j.co.jp


RTView 製品について
http://www.sl-j.co.jp/products/ertv/rtview.shtml


###

記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。


2011年 ニュース一覧へ戻る

ニュース一覧へ戻る