プレス・リリース

SL 社、アプリケーション性能監視のマジック・クアドラントでチャレンジャーとして位置付けられる


SL 社がビジョンの完全性と実行力をもとに評価される

日本時間 2011 年 9 月 28 日(米国時間 9 月 27 日) ― 米国 コルテ・マデラ市発

アプリケーション性能監視ソリューションの提供でリードする SL Corporation(以下、SL 社)は、同社が Gartner, Inc.(以下、ガートナー社)による最新の「アプリケーション性能監視におけるマジック・クアドラント」レポート(※)の「チャレンジャー」クアドラントに位置付けられたことを、発表しました。ガートナー社は今回、アプリケーション性能監視(APM)市場におけるビジョンの完全性と実行力について、SL社を含む29社のテクノロジー・プロバイダーを評価しました。

(※)ガートナー社リサーチ担当副社長の Will Cappelli 氏ならびにリサーチ・ディレクターの Jonah Kowall 氏著 Gartner “Magic Quadrant for Application Performance Monitoring” by Will Cappelli and Jonah Kowall, September 19, 2011.

同レポートでは、SL 社の RTView は、ガートナーが指定する APM の5つの機能側面のうち、次の4つに対応しているとされています: アプリケーション内容のコンポーネント・ディープダイビング(全体から詳細へ)モニタリング、アプリケーション性能分析、エンドユーザ・エクスペリエンス(体感)モニタリング、ユーザ定義のトランザクション・プロファイリング

「今回のチャレンジャー・クアドラントでの位置付けは、この1年半における当社の急成長を確信させるものだ。そして、顧客企業は、アプリケーションの健全性状態へのホリスティック(大局的)なエンドーツーエンドの可視性の提供目標を達成するにあたり、引き続き RTView for APM プラットフォームを選択している」と、SL 社の創立者で CEO であるトム・ルビンスキはコメントしました。「このレポートに関係した Will と Jonah をはじめとするガートナー社のアナリストが、つかみどころのない業界の定義と予測で前進したことに感銘するとともに、当社が多くの主要な参加企業とともに選出されたことを光栄に思う。」

ガートナー社によると、2005 年以来「フォーブス・グローバル 2000 の企業では、APM プロセスに対する認識が明らかに高まり、APM プロセスに焦点を置いた体制が強まっている。ガートナー社では、グローバル 2000 企業のうちの約 20%が、インフラストラクチャというよりはアプリケーションを監視・管理するために、IT オペレーション・プロセスのフレームワーク全体を中央に再構築しようとしていると予測している」と、報告されています。

さらに同レポートは、「2011 年には約2ビリオンドル(約 2,000 億円以上)が、アプリケーション性能監視に関連した製品ライセンスと初年度保守費用で使われるであろう。これは、2010 年にAPMで費やされた17ビリオンドルに比較すると 15%増であり、2009 年から 2010 年にかけての 10%増成長をさらに上回るものだ」と、述べています。

SL 社の RTView は、アプリケーションのサポート部門のニーズに応じてカスタムメイクできる、ホリスティック(大局的)なエンドーツーエンドのAPMソリューションで、重要なアプリケーションの性能への完全でアプリケーション中心の監視画面を提供できます。RTView は、「アプリケーションの現在の健全性はどういう状態にあるのか?」といった質問に常に答え、要求される品質保証レベル(SLA)内で即座にトラブルシューティングして問題を解決できるよう、支援します。多年における運用実績が、アプリケーションをサポートする部門特有のニーズに応えるツールとして RTView を進化させ、アプリケーション性能を即座にかつ直観的に確信して把握することを可能にしています。

SL 社の RTView for APM プラットフォームについては、下記のサイトをご参照ください: http://www.sl-j.co.jp/products/ertv/rtviewforapm.shtml


ガートナー社のマジック・クアドラントについて
マジック・クアドラントは、2011 年現在 Gartner, Inc. (ガートナー社)が著作権を有しているもので、その許可を得て再利用されています。マジック・クアドラントは、一定期間における特定の市場状況をグラフィカルに表現する、リサーチ・メソドロジーです。特定の市場領域で活動しているベンダー各社を、ガートナー社による基準で評価します。ガートナー社は、マジック・クアドラントで位置付けされたいかなるベンダー、製品またはサービスをも支持するものではありません。また、「リーダー」クアドラントに位置付けられたベンダーのみを選択するよう、テクノロジーの利用者に助言するものでもありません。マジック・クアドラントは、リサーチ・ツールとしての用途のみを前提としており、特定の行為への助言を意図していません。ガートナー社は、明示的または暗示的を問わず、このリサーチについての商品性や特定の目的への適合性を含め、一切の保証をするものではありません。


SL 社について    www.sl-j.co.jp
1983 年以来、25 年以上にわたって、リアルタイム・データの監視とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、専門メーカーです。SL 社の RTView は、コンポーネント・レベルのインフラ監視とアプリケーション性能管理(APM)から、ビジネス・アクティビティ監視(BAM)に至る、広範な企業可視化で活用されています。さらに RTView は、イベント駆動型SOA市場における、メッセージング・ミドルウェア、インメモリ・データ・グリッド、複合イベント処理(CEP)エンジン、金融サービスやプロセス製造業などのバーチカルなカスタム・ソリューションの可視化で使用されているデファクト・スタンダードです。SL 社の可視化ソリューション技術と専門性、コミットメントと顧客実績、パートナー重視のビジネス・カルチャーが、世界の業界でリードする何千にもおよぶ最もクリティカルなアプリケーションとビジネスの支援で SL 社が選択されてきた理由です。

株式会社 SL ジャパンは 1998 年に設立された、SL 社の日本法人です。




###


記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。





ニュースのページへ戻る


2013年3月6日開催 RTView_Web セミナ

Application Performance 2012

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

The Microsoft Conference 2011

SL-GMS セミナ


SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


360°APM ベスト・プラクティス

水晶玉を粉砕 − Intuit 社がアプリケーション性能管理と容量計画で TIBCO 監視を拡張

360 APM − 次世代のアプリケーション性能管理

ebzQ イベント処理パネル・ディスカッション

SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.