SL 社、IBM® SmartCloud™ の新しいモニタリングを発表

RTView がクラウドにおける監視機能の実現で、迅速で効率的な選択肢を提供

2012 年 4 月 24 日(米時間 23 日)カリフォルニア州コルテ・マデラ市発
アプリケーションならびにサービス・レベル・システムの監視ソリューションの提供でリードする米国 SL 社 (日本法人:株式会社 SLジャパン) は、同社の RTView for APM ツールを IBM Workload Deployer (IWD) 内でデプロイすることによって、IBM® SmartCloud™ を利用する企業がクラウドをベースにしたアプリケーションとコンポーネントの監視機能を迅速にかつ効率的に実現できるようになったことを、本日発表しました。

「我々の SmartCloud のお客様にとって、クラウド化された(お客様の)アプリケーションがどのような稼働状態にあるかを把握できることは、大変重要なことである」と、IBM 社のグローバル・テクノロジー・サービスのクラウド・ポートフォリオ担当ディレクターで CTO の Mac Devine氏はコメントしました。「RTView は真のソリューション・ビューという、これまでとは違う監視を提供している。そして、その監視ツールをフルスケールであってもクラウド内に小さなフットプリントでデプロイでき、SmartCloud ユーザがすぐにその価値を得られるようになっている」と、追加しました。

SL 社が提供するモニタリングでは、WebSphere® アプリケーション・サーバ、DB2®、IBM WebSphere MQ® の監視をサポートしており、SmartCloud 内にこれらの IBM コンポーネントを監視する RTView エージェントまたは監視システム全体をデプロイすることが可能です。さらに、IBM ミドルウェアのサポートに加え、RTView ツールはその他多数のミドルウェア・コンポーネントも監視するように構成できるため、ユーザはクロス・ベンダーで構成されるクラウド・ベースのミドルウェアすべてを監視できます。

軽量で柔軟な SL 社の RTView 製品は、クラウド・ベースの開発ならびにテスト環境においても活用でき、特にオンプレミス(自社運用)監視ソリューションと統合するのが現実的ではない場合に有効です。

「IBM SmartCloud に移行されているお客様に対して、RTView は監視機能を迅速にかつ効率的に実現する選択肢を提供できる」と、SL 社の創立者で CEO である Tom Lubinski はコメントしました。
「そして、ツールのオープンな特性から、IBM ならびにクロス・ベンダー環境における監視を可能にし、クラウド・ベースのアプリケーションの健全性へのエンドツーエンドな可視性を実現できる」と、追加しました。


SL (Sherrill-Lubinski Corporation) 社について    www.sl-j.co.jp


###

記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。


2012年 ニュース一覧へ戻る

ニュース一覧へ戻る