プレス・リリース

SL 社、IBM® SmartCloud™ の新しいモニタリングを発表

RTView がクラウドにおける監視機能の実現で、迅速で効率的な選択肢を提供

2012 年 4 月 24 日(米時間 23 日)カリフォルニア州コルテ・マデラ市発

アプリケーションならびにサービス・レベル・システムの監視ソリューションの提供でリードする米国 SL 社 (日本法人:株式会社 SLジャパン www.sl-j.co.jp) は、同社の RTView for APM ツールを IBM Workload Deployer (IWD) 内でデプロイすることによって、IBM® SmartCloud™ を利用する企業がクラウドをベースにしたアプリケーションとコンポーネントの監視機能を迅速にかつ効率的に実現できるようになったことを、本日発表しました。

「我々の SmartCloud のお客様にとって、クラウド化された(お客様の)アプリケーションがどのような稼働状態にあるかを把握できることは、大変重要なことである」と、IBM 社のグローバル・テクノロジー・サービスのクラウド・ポートフォリオ担当ディレクターで CTO の Mac Devine氏はコメントしました。「RTView は真のソリューション・ビューという、これまでとは違う監視を提供している。そして、その監視ツールをフルスケールであってもクラウド内に小さなフットプリントでデプロイでき、SmartCloud ユーザがすぐにその価値を得られるようになっている」と、追加しました。

SL 社が提供するモニタリングでは、WebSphere® アプリケーション・サーバ、DB2®、IBM WebSphere MQ® の監視をサポートしており、SmartCloud 内にこれらの IBM コンポーネントを監視する RTView エージェントまたは監視システム全体をデプロイすることが可能です。さらに、IBM ミドルウェアのサポートに加え、RTView ツールはその他多数のミドルウェア・コンポーネントも監視するように構成できるため、ユーザはクロス・ベンダーで構成されるクラウド・ベースのミドルウェアすべてを監視できます。

軽量で柔軟な SL 社の RTView 製品は、クラウド・ベースの開発ならびにテスト環境においても活用でき、特にオンプレミス(自社運用)監視ソリューションと統合するのが現実的ではない場合に有効です。

「IBM SmartCloud に移行されているお客様に対して、RTView は監視機能を迅速にかつ効率的に実現する選択肢を提供できる」と、SL 社の創立者で CEO である Tom Lubinski はコメントしました。
「そして、ツールのオープンな特性から、IBM ならびにクロス・ベンダー環境における監視を可能にし、クラウド・ベースのアプリケーションの健全性へのエンドツーエンドな可視性を実現できる」と、追加しました。


SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について    www.sl-j.co.jp
1983 年以来、25 年以上にわたって、リアルタイム・データの監視とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、専門メーカーです。SL 社の RTView は、コンポーネント・レベルのインフラ監視とアプリケーション性能管理 (APM) から、ビジネス・アクティビティ監視 (BAM) に至る、広範な企業アプリケーションの可視化と監視で活用されています。さらに RTView は、SOA 市場におけるメッセージング・ミドルウェア、インメモリ・データ・グリッド(分散キャッシング・システム)、複合イベント処理 (CEP) エンジン、金融サービスやエネルギーなどのバーチカルなカスタム・ソリューションの可視化と監視で使用されているデファクト・スタンダードです。SL 社の技術と専門性、コミットメントと顧客実績、パートナー重視のビジネス・カルチャーが、世界の業界でリードする一万以上にもおよぶ最もミッション・クリティカルなアプリケーションとビジネスの支援で、SL 社が選択されてきた理由です。世界で 111,000 以上、国内で 9,600 以上のライセンス出荷 (2011 年末現在) を出荷しています。

株式会社 SL ジャパンは 1998 年に設立された、SL 社の日本法人です。

RTView for APM は、サービス全体から、アプリケーション、インフラ・コンポーネントへとドリルダウン分析できる、エンドツーエンドの可視化と一元監視システムを、既存の監視ツールや性能データで「カスタム」構築できるツールです。


###


記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。





ニュースのページへ戻る


2013年11月20日開催 AP2013 拡大版セミナ

定期購読の申し込み

SL-GMS セミナ

Oracle OpenWorld Tokyo 2012




The Microsoft Conference 2011

SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.