SL 社の RTView が、Amazon® CloudWatch® における
アプリケーション性能監視を提供

新しいデータ接続アダプタによって、Amazon Web Services のモニタリング指標をアプリケーション性能指標と統合した包括的な可視化と、履歴のトレンド分析を目的としたアーカイブを可能に

2012 年 12 月 12 日 (米時間 12 月 11 日 カリフォルニア州コルテ・マデラ市発)
アプリケーションならびにサービス・レベル・システムの監視ソリューションの提供でリードする米国 SL Corporation(以下SL社、日本法人:株式会社 SL ジャパン http://www.sl-j.co.jp)は、同社の旗艦製品である RTView Enterprise Monitor が、Amazon CloudWatch データに接続する新しいアダプタを提供し、ユーザは Amazon Web Services (AWS) リソースの広範なモニタリング指標を、アプリケーション性能監視の視点で可視化できるようになりました。さらに、RTView では Amazon CloudWatch 指標をアーカイブし、ヒストリカル・トレンド分析ならびにアラートを目的とした長期に渡る指標履歴をアーカイブして管理することが可能です。

「Amazon EC2 は、オンデマンドで調達できるコンピューティング・リソースとして、またアプリケーション開発ならびにテスト環境として、多くの企業・組織が利用している業界標準のサービスである」と、SL 社の CEO であるトム・ルビンスキはコメントしました。「アプリケーションの健全性を包括的に見るには、そのアプリケーション・コンポーネントが稼働している EC2 インスタンスからの性能情報が不可欠であり、AWS ユーザはこれらの指標を RTView Enterprise Monitor に自動的に統合できる」と追加しました。

Amazon CloudWatch は、ユーザが AWS リソースをリアルタイムに監視できるもので、CPU 使用率、待ち時間、リクエスト数といった性能指標を自動的に提供します。SL 社の RTView Enterprise Monitor では、これらの指標データをアプリケーション・サーバやメッセージ・バスなどから取得したアプリケーション性能データとともに取り込むことができ、極めてスケーラブルでカスタマイズ性が高い一元監視を実現します。

また、RTView のヒストリアン機能を使って、Amazon CloudWatch 性能指標を任意の SQL データベースに格納し、トレンド分析を行えます。そして、履歴データのトレンド分析から CloudWatch データのしきい値を定義し、RTView のアラート管理システムでその他のアプリケーション・コンポーネントのアラートと相互関連付けることにより、ユーザは性能問題の原因をより迅速に特定できるようになります。

特に、軽量で柔軟性を持った RTView Enterprise Monitor は、クラウド・ベースならびにオンプレミス・コンポーネントの両方の監視が要求される複雑な環境における使用で、その威力を発揮します。


SL (Sherrill-Lubinski Corporation) 社について    www.sl-j.co.jp


###

記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。


2012年 ニュース一覧へ戻る

ニュース一覧へ戻る