プレス・リリース

SL 社の RTView が、Amazon® CloudWatch® における
アプリケーション性能監視を提供


新しいデータ接続アダプタによって、Amazon Web Services のモニタリング指標をアプリケーション性能指標と統合した包括的な可視化と、履歴のトレンド分析を目的としたアーカイブを可能に

2012 年 12 月 12 日 (米時間 12 月 11 日 カリフォルニア州コルテ・マデラ市発)

アプリケーションならびにサービス・レベル・システムの監視ソリューションの提供でリードする米国 SL Corporation(以下SL社、日本法人:株式会社 SL ジャパン http://www.sl-j.co.jp)は、同社の旗艦製品である RTView Enterprise Monitor が、Amazon CloudWatch データに接続する新しいアダプタを提供し、ユーザは Amazon Web Services (AWS) リソースの広範なモニタリング指標を、アプリケーション性能監視の視点で可視化できるようになりました。さらに、RTView では Amazon CloudWatch 指標をアーカイブし、ヒストリカル・トレンド分析ならびにアラートを目的とした長期に渡る指標履歴をアーカイブして管理することが可能です。

「Amazon EC2 は、オンデマンドで調達できるコンピューティング・リソースとして、またアプリケーション開発ならびにテスト環境として、多くの企業・組織が利用している業界標準のサービスである」と、SL 社の CEO であるトム・ルビンスキはコメントしました。「アプリケーションの健全性を包括的に見るには、そのアプリケーション・コンポーネントが稼働している EC2 インスタンスからの性能情報が不可欠であり、AWS ユーザはこれらの指標を RTView Enterprise Monitor に自動的に統合できる」と追加しました。

Amazon CloudWatch は、ユーザが AWS リソースをリアルタイムに監視できるもので、CPU 使用率、待ち時間、リクエスト数といった性能指標を自動的に提供します。SL 社の RTView Enterprise Monitor では、これらの指標データをアプリケーション・サーバやメッセージ・バスなどから取得したアプリケーション性能データとともに取り込むことができ、極めてスケーラブルでカスタマイズ性が高い一元監視を実現します。

また、RTView のヒストリアン機能を使って、Amazon CloudWatch 性能指標を任意の SQL データベースに格納し、トレンド分析を行えます。そして、履歴データのトレンド分析から CloudWatch データのしきい値を定義し、RTView のアラート管理システムでその他のアプリケーション・コンポーネントのアラートと相互関連付けることにより、ユーザは性能問題の原因をより迅速に特定できるようになります。

特に、軽量で柔軟性を持った RTView Enterprise Monitor は、クラウド・ベースならびにオンプレミス・コンポーネントの両方の監視が要求される複雑な環境における使用で、その威力を発揮します。


SL 社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について    www.sl-j.co.jp

1983 年以来、25 年以上にわたって、リアルタイム・データの監視とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、専門メーカーです。SL 社の RTView は、コンポーネント・レベルのインフラ監視とアプリケーション性能管理(APM)から、ビジネス・アクティビティ監視(BAM)に至る、広範な企業アプリケーションの可視化と監視で活用されています。さらに RTView は、SOA 市場におけるメッセージング・ミドルウェア、インメモリ・データ・グリッド(分散キャッシング・システム)、複合イベント処理(CEP)エンジン、金融サービスやエネルギーなどのバーチカルなカスタム・ソリューションの可視化と監視で使用されているデファクト・スタンダードです。SL 社の技術と専門性、コミットメントと顧客実績、パートナー重視のビジネス・カルチャーが、世界の業界でリードする一万以上にもおよぶ最もミッション・クリティカルなアプリケーションとビジネスの支援で、SL 社が選択されてきた理由です。世界で 111,000 以上、国内で 9,600 以上のライセンス出荷(2011年末現在)を出荷しています。

株式会社 SL ジャパンは 1998 年に設立された、SL 社の日本法人です。


###


記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。





ニュースのページへ戻る


2013年11月20日開催 AP2013 拡大版セミナ

定期購読の申し込み

SL-GMS セミナ

Oracle OpenWorld Tokyo 2012




The Microsoft Conference 2011

SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.