SL ジャパン、Microsoft .NET 版 SL-GMS で、
Windows 10 ならびに Visual Studio 2015 をサポート追加

最新の監視制御システムの開発と提供で、
SL-GMS を組み込み再販しているユーザを先んじて支援継続

2015 年 9 月 10 日 (米国時間 9 月 9 日)
リアルタイム・データのグラフィックな可視化と監視で業界をリードする株式会社 SL ジャパン (所在地:東京都港区、代表取締役社長: 羽島良重、米国 SL 社の日本法人)は、32 bit 版ならびに 64 bit 版 SL-GMS Developer for .NET と SL-GMS Custom Editor for .NET の最新バージョン 4.5a をリリースし、Microsoft Windows 10, Visual Studio 2015, .NET Framework 4.6 に対応したと発表しました。

SL-GMS Developer for .NET ならびにそのオプションである SL-GMS Custom Editor for .NET は、Microsoft .NET Framework における Visual Studio を使ったリアルタイム監視制御アプリケーションの開発ならびに Web 運用を専門とする SL-GMS 製品で、極めて高対話性でコンテンツリッチな GUI/HMI をミリ秒単位のパフォーマンスで提供して運用できるものです。

SL-GMS Developer for .NET は、これまで比類なく Web 運用に強い監視制御システムの開発と提供で、世界をリードするソリューション・プロバイダによって活用されてきました。SL-GMS では、デスクトップ用に Visual Studio で開発した同じ Windows フォーム・アプリケーションを、マイクロソフト社の技術を使って3つの運用選択肢で、そのまま Web 運用することが可能です ― ブラウザ/XBAP (WPF)、Web アプリケーション/ClickOnce、ターミナルサービス (TS) Web アクセス。

さらに、SL-GMS Custom Editor for .NET 技術によって、開発に多数の人年工数がかかるシステム専用のオーサリング・ツールをわずか数人月の容易さで実現し、エンドユーザ顧客やフィールド・メンテナンスに提供することが可能です。

これらの製品は、プロセス制御をはじめ、エネルギー管理やビル/設備管理で世界をリードする主要な DCS/SCADA 製品に組み込まれて再販されています。今回の新バージョン 4.5a は、SL-GMS を組み込み再販しているユーザを先んじて支援継続するものです。


SL (Sherrill-Lubinski Corporation) 社について    www.sl-j.co.jp
1983 年以来、30 年にわたって、リアルタイム・データの監視とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、専門メーカーです。SL 社の RTView は、コンポーネント・レベルのインフラ監視とアプリケーション性能管理(APM)から、ビジネス・サービス監視(BSM)、ビジネス・アクティビティ監視(BAM)に至る、広範な企業アプリケーションの可視化と監視で活用されています。さらに RTView は、SOA 市場におけるメッセージング・ミドルウェア、インメモリ・データ・グリッド(分散キャッシング・システム)、複合イベント処理(CEP)エンジンの可視化と監視で使用されているデファクト・スタンダードです。SL 社の技術と専門性、コミットメントと顧客実績、パートナー重視のビジネス・カルチャーが、世界の業界でリードする一万以上にもおよぶ最もミッション・クリティカルなアプリケーションとビジネスの支援で、SL 社が選択されてきた理由です。世界で 132,000 以上、国内で 11,800 以上のライセンス出荷(2014 年末現在)を出荷しています。
株式会社 SL ジャパンは1998 年に設立された、SL 社の日本法人です。


###

記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。


ニュース一覧へ戻る