SL Japan > 製品> SL-GMS J/Developer
SL-GMS J/Developer (Java) 開発ツール

コンテンツリッチで高対話性ながらも、桁違いにコンパクトで高速な
リアルタイム・ダイナミック GUI を容易に開発し、Web 運用展開

SL 社が長年培ってきた描画技術とコード生成技術によって、監視制御システム向けの比類なくコンパクトで高速なリアルタイム・ダイナミック GUI を容易に開発し、Java アプリケーション(デスクトップ)、Java Web Start アプリケーション、または Java アプレットとして透過的に(作り直すことなく)運用できます。

SL-GMSDraw エディタで、動的属性を持ったグラフィック・モデルをアプリケーションから独立して対話的に作成し、その動的振る舞いをすぐにプレビューして確認できます。SL-GMSDraw では、任意のオブジェクトに何十種もの動的振る舞いを指定することができ、XML などのライブなアプリケーション・データ変数へ容易に接続することが可能です。 また、高速なズーム/パン、詳細画面へのドリルダウン、複数レイヤなど、高度なナビゲーション機能を実装できます。

そして、SL-GMSDraw から「Java コード・ジェネレータ」を起動し、極めてコンパクトな Java クラスを生成、Web 環境における最大の実行パフォーマンスを確保します。

SL-GMS J/Net は、J/Developer の拡張パッケージ製品で、ネットワーク管理アプリケーションを開発するための機能と業界特有のシンボルを提供します。物理ネットワーク画面やグリッド、ツリー、スプリング、環状などの論理ネットワーク画面を作成できます。

SL-GMS J/Developer パッケージ図
ハイライト

  • SL-GMSDraw で動的オブジェクトと監視画面を対話的に自由自在に作成。
  • リアルタイム・データ変数によって駆動される動的オブジェクトを画面に配置。
  • 高速なズーム/パン、詳細画面へのドリルダウン、複数レイヤなど、高度なナビゲーション機能。
  • SL-GMSDraw で独自の動的オブジェクトを作成したり、既製のオブジェクトをそのままもしくはカスタマイズして活用。
  • 高対話性でコンテンツリッチながらも極めてコンパクトで高速な Java コードを生成し、Web 運用のパフォーマンスを最適化。生成される Java コードは自在にコントロール可能。
  • さまざまな記号や地図を、コンパクトな Pure Java クラスに変換可能。
  • AWT と Swing をサポート。
  • 高性能なネットワーク管理グラフィック・インタフェースを SL-GMS J/Net 拡張パッケージ製品で構築。
  • SL-GMS C++/Developer など他の SL-GMS 製品で開発した画面を、SL-GMS J/Developer で流用可能。
  • SL-GMS Custom Editor オプション製品で、エンドユーザ顧客や開発・販売パートナー、フィールド・サポート向けの監視制御システムやアプリケーション専用の編集環境(ポイント&クリックのビルダー)を容易に構築して提供可能。



SL-GMS 開発ツール(トップ概要)のページへ


デモ・ビデオ アプレット・デモ 適用分野(ソリューション) ユーザ事例 構築技法セミナ 関連資料