SL-GMS アプレット・デモ: 指令・管制

SL-GMS アプレット・デモ: 対話的な指令・管制



この指令・管制デモ(アプレットとして表示しています)は、SL-GMS J/Developer を使用して構築されています。 このアプレットは高度にコンパクトで移植性に優れ、非常に良いパフォーマンスを実現しています -- 正しく表示するには Internet Explorer 11 または FireFox 40 以上が必要です。


  • 左のパネルにあるボタンで操作指示とレイヤの可視性を制御します。
  • 左のパネルにあるチェックボックスとラジオボタンで、すべての動的オブジェクトの属性を変更することができます。
  • 右のパネルにあるラジオボタンで、選択された動的オブジェクトの属性を変更することができます。
  • さらに、このアプレットを動かすための説明が下にあります。





操作:

このアプレットは、任意の地図上を動く多数のシンボルを表示しています。

地図上のさまざまな地点をズーム/パンできます: 'Zoom In/Out' を選択し、地図上の任意の部分をクリックしてください。ズームアウトするにはシフトキーを押したままにします。Pan を選択し、マウスの左ボタンを押し下げたまま地図をドラッグしてください。 (注: 可視性100%では'Pan'できません。) ズーム/パンを切り替えるショートカットを表示したり、操作を終了するにはマウスの右ボタンをクリックしてください。

さまざまなレイヤの表示を操作するには左のパネルにあるチェックボックスを使用します。左のパネルにあるラジオボタンで、いくつか異なるモードでシンボルを表示することができます。

ダイアグラム中のシンボルを左クリックして、右パネルに名前や方向、変数の情報が表示されるのを確認してください。右パネルにはシンボルの現在の所属状態を見たり設定するためのラジオボタンが配置されています。
開発ノート:

このアプリケーションは106K 未満しかありません。これには地図やそれぞれのレイヤ、シンボル、そしてすべての対話的操作の振る舞いが含まれています。

シンボルは GMS のモデルで、データファイルから動的にインスタンスされています。このデータファイルにはそれぞれのシンボルと、それらの属性が記録されています。

このサンプルは、さらに完全な指令・管制アプリケーションを供給するために、容易に拡張することが可能です。






印刷可能ページへ