プレス・リリース

SL、ドコモの次世代移動通信サービス「FOMA」の新しい
ネットワーク監視オペレーション・システムに、グラフィカル・インタフェースを提供


SL-GMS を駆使した最先端ネットワーク管理による携帯電話サービス向上を実現


現地時間 2001 年 6 月 6 日 - 米国アトランタ市 SUPERCOMM 2001 発

リアルタイム・グラフィカル・ユーザ・インタフェースの開発ソフトウェアとサービスのソリューション・プロバイダである SL 社 (SL Corporation: 米国カリフォルニア州コルテ・マデラ市、株式会社 SL ジャパン: 東京都港区) は、株式会社NTT ドコモが同社の新しいネットワーク・オペレーション・システムの一つで、2001 年に開始する、第三世代移動通信システム (IMT-2000) サービス 「FOMA (Freedom of Mobile Multimedia Access)」 のネットワーク監視オペレーション・システムに、SL-GMS グラフィカル・モデリング・システムを採用したことを発表しました。

ドコモが移動通信の新世紀へ世界に先駆けて実現した FOMA は、いつでも、どこでも、誰とでも、多彩なメディアでスピーディにつながる、モバイル・マルチメディア・サービスです。その通信設備と回線状況を監視する新しいネットワーク監視オペレーション・システムの GUI構築に、SL-GMS 製品ラインアップの C++/Developer、C++/Net、エンハンスド・コントロール・パッケージ (ECP) 、日本地図変換ツールなどが使用されています。

SL-GMS は、より迅速で効率の良いネットワーク制御による移動通信のサービス性向上を目的に開発された新しい移動通信ネットワーク管理システムの GUI として、今後、FOMA サービスの地域拡張に伴って、日本全国のドコモ・オペレーション・センターで稼働することになります。

「SL は、NTT ドコモ・イニシアチブによるモバイル革新の一端を担えることに、エキサイトしている」と、SL の代表取締役社長であるトーマス・ルビンスキは語りました。「ドコモ移動通信ネットワーク・オペレーション・システムのダイナミック・グラフィカル・インタフェースとして、24 時間 365 日の監視制御体制におけるカスタマイズ性の高い SL-GMS グラフィックス画面技術を提供する」と、加えました。



SL (Sherrill-Lubinski)コーポレーションについて  http://www.sl-j.co.jp 


1983 年に設立された米国 SL Corporation (Sherrill-Lubinski Corporation) は、リアルタイム監視制御グラフィックスならびにユーザ・インタフェースを開発するためのソフトウェアとソリューション・サービスを提供しています。SL 社のグラフィカル・モデリング・システム 「SL-GMS」 は、OEM やシステム・インテグレータによって、ネットワーク・オペレーション・センタ (NOC) と高度制御室における、大規模で対話性が高いイベント駆動のリアルタイム監視制御システム環境で、幅広く採用されてきました。現在 SL-GMS は、Sun Solaris、HP-UX、RedHat Linux などの幅広い UNIX プラットフォームと、Windows プラットフォーム、Java プラットフォームをサポートしています。

SL-GMS は、プロセス制御、テレコム・ネットワーク監視、交通管制、電力・ガス供給、宇宙・衛星・防衛などの幅広い分野に、世界で 40,000 以上のライセンスを出荷 (2000年末現在) しています。ユーザ例としては、米国 Compaq Computer 社、米国通信大手 Harris 社、NASA などがあげられます。また、プロセス・オートメーションでは、米国 ABB 社をはじめ、業界トップ 10 社のうち 7 社が SL-GMS を採用しています。SL-GMS ソリューション技術は、これらユーザとの密接なパートナーシップによって、常に業界をリードし続けています。

株式会社 SL ジャパンは、1998 年に設立されたその日本法人です。


###



記載される会社名ならびに製品、商標は、それぞれ各社が所有権を有します。




ニュースのページへ戻る


2013年3月6日開催 RTView_Web セミナ

Application Performance 2012

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

The Microsoft Conference 2011

SL-GMS セミナ


SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


360°APM ベスト・プラクティス

水晶玉を粉砕 − Intuit 社がアプリケーション性能管理と容量計画で TIBCO 監視を拡張

360 APM − 次世代のアプリケーション性能管理

ebzQ イベント処理パネル・ディスカッション

SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.