プレス・リリース

明電舎が、新しい監視制御システム製品に
米 SL 社の .NET ベースの GUI とカスタム・エディタ技術を採用


SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET を組み込み提供

2007年10月23日 東京発

リアルタイム監視制御システムのダイナミック GUI とエディタ技術で業界をリードする株式会社 SL ジャパン(米国本社: SL Corporation,SL ジャパン所在地: 東京都港区、代表取締役社長 羽島良重)は、環境エンジニアリングとソリューション技術の提供で110年の伝統を誇る株式会社明電舎が、新しい監視制御システム(DCS)製品に、米 SL 社の SL-GMS Developer for .NET ならびに SL-GMS Custom Editor for .NET 製品を組み込み採用したことを、本日発表しました。

明電舎は、重電の技術をコアに積み重ねてきた豊富な経験と実績をベースに、水処理、電力、電鉄、道路など、エネルギーならびに環境分野におけるさまざまな重電機器やシステム・エンジニアリングとソリューションを革新・開発し、設備の運用・保守管理を含む全ライフサイクルに一貫したサービスを提供し、エネルギーの有効利用と環境保全、業務効率化で貢献しています。たとえば、明電舎の半世紀におよぶ水処理技術から開発されたオープン EIC(*) 統合化システムは、各種計装設備、電力装置、環境機器など多くの製品を有機的かつ合理的に統合し、ローカル制御から中央監視、運用・維持管理まで、トータルなプラント・システムとして多くの実績を誇っています。同社では、その中枢となるさまざまな監視制御システムを長年にわたって開発し、高度なCRTの採用や表示時間の高速化、ウィンドウ機能の充実など、より使い易いオペレータ・ステーション(OPS)を追及してきました。(*) 電気制御(E)、計装制御(I)、計算機制御(C)

そして、次世代を担う最新の監視制御システムとして開発された「マルチモニタ対応型高機能監視制御装置MEISVY(メイスビー)-OPS5000」には、SL 社の SL-GMS Developer & Custom Editor for .NET が使われています。本システムでは、既存設備を有効活用しつつ、段階的なリプレースを可能にしており、マルチモニタ機能や維持管理機能などの最新機能が、現場での効率的な監視操作を実現します。さらに、Microsoft .NET 技術の駆使で監視制御装置の画面をWebサーバで遠隔地に配信できるため、ブラウザによる監視や異常発生時のメール通報機能など、現場に限られることのない監視を実現します。そして、この段階的な設備更新と効率的な維持管理の実現を、SL-GMS による効果的なオペレーション画面と、その専用カスタム・エディタ機能が支援しています。

SL-GMS Developer for .NET は、DCS/SCADA をはじめとする世界のミッション・クリティカルなリアルタイム監視制御システムで活用されてきたSL社のダイナミック GUI 技術を、Microsoft .NET フレームワークにおけるコンテンツリッチで高速な画面の迅速な開発に特化したものです。そして、SL-GMS Custom Editor for .NET によって、プログラミング知識がない現場でも、動的振る舞いを持った画面を簡単に編集してデータに接続できる MEISVY-OPS5000 固有のカスタム・エディタが開発され、設備変更による画面更新の保守コスト削減を可能にしました。また本システムでは、操作メニュー、グラフィック系統図、履歴トレンド、状態変化のメッセージ・リスト、警報サマリなどの豊富な機能画面それぞれをマルチモニタで別々に表示できるため、トレンドグラフを見ながらチューニング画面で入力制御するといった高い操作性を可能にしています。

「明電舎では、Microsoft .NET 技術をベースにした次世代の監視制御システムの開発で、常に最先端技術で進化し続け、長年にわたる実績と信頼性で評価されている SL-GMS を選択した。さまざまなシステム構築の要求や変化する顧客システムに即応できる体制を重視してきた明電舎にとって、迅速にかつ柔軟に画面を作成して保守できる SL 社の技術は不可欠と考えている」と、明電舎のコンピュータシステム工場ソフトウェア部の鈴木課長は述べました。

「SL-GMS は、国内でも 1991 年来、数々の監視制御システムや製品に組み込まれてきた。TCO を削減できるより高度で複雑なシステムを短時間で開発することが要求される中、明電舎の .NET技術を駆使した次世代製品 MEISVY-OPS5000 の早期実現を支援でき、大変光栄に思う」と、SL ジャパンの代表取締役社長である羽島良重は述べました。



株式会社 明電舎について:    www.meidensha.co.jp


創業明治30年(1897年)、110周年を迎えた株式会社明電舎の実績に裏打ちされた技術は、電力や上下水道処理設備などのインフラ施設や産業用プラントの中で息づいています。 発電機および変電機器、電子機器、情報機器などの製品を提供するだけでなく、その実現のためのエンジニアリング、運用、維持・管理といったソリューションを提供しています。「エネルギー」「環境」「情報・通信」「産業システム」に加え 、「工事」「メンテナンス」「研究開発」も含めて幅広い事業を展開しており、設備の設計から製造、運用、保守、更新までの「ライフサイクルエンジニアリング」を提供し、時代や社会の変化に応じて施設の高信頼・高省力で貢献しています。



SL社 (Sherrill-Lubinski Corporation) について:    www.sl-j.co.jp


1983年以来、20年以上にわたって、リアルタイム・データの監視とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、専門メーカーです。顧客企業は SL 社の技術を活用し、強力なリアルタイム・ビジネス・インテリジェンス (BI)、インフラストラクチャ/アプリケーション監視の機能、プロセス制御やネットワーク管理などの業界特有の監視制御アプリケーションを、エンドユーザに提供しています。製造業、エネルギー/公益、金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界のミッション・クリティカルなアプリケーションで、81,000以上(2006年末現在)がライセンスされています。

株式会社 SL ジャパンは、1998年に設立された SL 社の日本法人です。




###



記載される会社名ならびに製品、商標は、それぞれ各社が所有権を有します。




ニュースのページへ戻る
2013年3月6日開催 RTView_Web セミナ

Application Performance 2012

Oracle OpenWorld Tokyo 2012

The Microsoft Conference 2011

SL-GMS セミナ


SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


360°APM ベスト・プラクティス

水晶玉を粉砕 − Intuit 社がアプリケーション性能管理と容量計画で TIBCO 監視を拡張

360 APM − 次世代のアプリケーション性能管理

ebzQ イベント処理パネル・ディスカッション

SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.