プレス・リリース

SLジャパン、SL-GMS C++/Developer の新しいエディションで、
64 bit ネイティブ Red Hat Enterprise Linux にフル対応


最新の Windows 版 SL-GMS C++/Developer では、Microsoft Visual Studio 2013 をサポート追加

2014 年 9 月 3 日

リアルタイム・データのグラフィックな可視化と監視で業界をリードする株式会社 SL ジャパン (所在地:東京都港区、代表取締役社長:羽島良重、米国 SL 社の日本法人) は、64 bit ネイティブ Red Hat Enterprise Linux 6 をフルサポートする SL-GMS C++/Developer の新しいエディション製品をリリースしました。この新製品によって、SL-GMS ユーザは 64 bit Red Hat Enterprise Linux OS をフル活用し、最も高度な監視制御システムを開発して運用することができます。

Windows 版 SL-GMS C++/Developer の 64 bit エディション製品は 2011 年にリリースされており、今回合わせて Microsoft Visual Studio 2013 に対応した最新バージョン 6.5 を、32 bit ならびに 64 bit 版両方でリリースしました。

SL-GMS C++/Developer ならびに Custom Editor などそのオプション製品は、24 時間 365 日稼働するリアルタイム・データの動的な可視化と監視を可能にする開発ツールで、1980 年代からのロングセラーです。日本国内においても、1991 年以来、プロセス制御業界の主要 DCS/SCADA 製品への組み込みをはじめ、原子力発電所、生産ライン制御、設備監視、通信ネットワーク監視、道路・鉄道、航空宇宙システムなどにおける、数百におよぶプロジェクトの数々で採用されてきました。

SL-GMS 製品は、過去 30 年間に渡って UNIX から Windows や Linux へ、また C++ から ActiveX, Java, Microsoft .NET に対応して進化し続け、ライフサイクルが長い監視制御システム専用に開発される動的属性を持った GUI 資源を、統一されたソリューションで保護してきました。今回の 64 bit Red Hat Enterprise Linux 版 SL-GMS C++/Developer の新製品投入は、引き続き SL-GMS 製品を強化することで、お客様の監視制御システムの開発を支援していくものです。

コンテンツリッチで高対話性ながらもコンパクトで高速な GUI/HMI は、SL-GMSDraw エディタを使って対話的に編集し、すぐにエディタ内でシミュレーション・データによってプレビューして確認することができるため、アプリケーションから独立したラピッド・プロトタイピングが可能です。さらに、SL-GMS Custom Editor によってソリューションに特化したエンドユーザ向けのオーサリング・ツールを容易に開発して提供することができます。

さらに、32 bit 版 SL-GMS で開発した動的属性を持ったグラフィカル・モデルならびエンドユーザ顧客向けのカスタム・エディタは、64 bit 版 SL-GMS と上位互換性が維持されているため、SL-GMS を組み込み再販してきた OEM ならびに VAR 企業は、64 bit ネイティブ・アプリケーションの速さを活かした新世代の監視制御システムへスムーズに移行できます。


SL (Sherrill-Lubinski Corporation) 社について    www.sl-j.co.jp
1983 年以来、30 年にわたって、リアルタイム・データの監視とダイナミックでグラフィックな可視化で業界をリードしてきた、専門メーカーです。顧客企業はSL社の技術を活用し、リアルタイムなビジネス/オペレーションのアクティビティ監視(BAM)、インフラストラクチャ/アプリケーション監視(APM)、プロセス制御やネットワーク管理などの業界特有の監視・制御アプリケーションを、エンドユーザに提供しています。製造業、エネルギー/公益、金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界のミッション・クリティカルなアプリケーションで、世界 124,000、国内 10,900 以上 (2013 年末現在) がライセンスされています。

株式会社 SL ジャパンは、1998 年に設立された SL 社の日本法人です。


###


記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。





ニュースのページへ戻る


AP2014 拡大版セミナ

2014年10月15日開催 ITpro EXPO 2014 出展

SL-GMS セミナ

定期購読の申し込み

Oracle OpenWorld Tokyo 2012




The Microsoft Conference 2011

SLジャパン設立10周年記念「特別講演・ユーザ会」へ


SL, SL-GMS, GMS, RTView, SL Corporation and the SL logo are trademarks or registered trademarks of Sherrill-Lubinski
Corporation in the United States and other countries. © 1999-2017 Sherrill-Lubinski Corporation. All rights reserved.