SL Japan > ニュース & イベント> ニュースリリース

RTView 新バージョン 7.4 をリリース

IoT データのリアルタイムなグラフィック可視化と監視ダッシュボードを対話的にカスタム構築

2022 年 8 月 2 日

リアルタイムデータのグラフィックな可視化と監視ツールの提供でリードする株式会社 SL ジャパン
(米 SL 社日本法人、所在地:東京都港区、代表取締役社長 羽島良重) は、IoT 監視ダッシュボードを
容易にカスタム構築できる RTView の新バージョン 7.4 をリリースしました。

RTView は、データベースをはじめとするミドルウェアに集約される、複数の工場やビル、データセンター
などからのさまざまな IoT データを容易にグラフィック化して一元監視できるダッシュボード構築ツール
です。JDBC 対応の SQL データアダプタなどによってすぐにリアルタイムデータと接続でき、ポイント&
クリックで簡単操作のビルダーを使って、サービスやオペレーションに応じて監視ダッシュボードを自在にカスタム構築できます。そして作成した監視ダッシュボードは、RTView のディスプレイサーバによって Web ブラウザ運用でき、パソコン、タブレット、スマートフォンから職務役割別に閲覧操作が可能で、
シンクライアントながらもリッチクライアント以上にコンテンツリッチな高対話性のダッシュボードを
容易に実現できます。

RTView 新バージョン 7.4 では、Red Hat Enterprise Linux 9 と Java 17 をサポート追加、Log4J を 2.17.1
に更新および JQuery を 3.5.1 に更新でセキュリティ強化、ビルダーのデフォルトパレットを指定する
コマンドラインオプション追加などに対応し、引き続き強化しています。

RTView は、インフラ監視からオペレーション、サービスやビジネスアクティビティ監視まで幅広く活用
されており、データベースなどのミドルウェアや運用管理ツールによって、分散した複数現場から集約
された異種 IoT データを極めて短期間でリアルタイムに一元可視化し、国内やグローバルなど全社的に
Web 運用展開できます。


■RTView デモビデオ (一覧)
https://www.sl-j.co.jp/demovideo/ertv_demovideos_new.shtml

###

記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。


ニュース一覧へ戻る